トリマーと言っても、腕も接客態度も様々で、ペット仲間の内でも、「あの人は良い」とか、「あの人はちょっと」といった話題が必ず出てきます。

今まで出会ったトリマーに関するエピソード
今まで出会ったトリマーに関するエピソード

トリマーと言っても

このエントリーをはてなブックマークに追加

トリマーと言っても、腕も接客態度も様々で、ペット仲間の内でも、「あの人は良い」とか、「あの人はちょっと」といった話題が必ず出てきます。
しかし、とあるお店の女性トリマーが、飼い主も見落としてしまうくらいの小さな皮膚病を見つけてくれた時は、ちょっと感動しました。

いつも同じトリマーの方にやって頂いているので、その日もいつものように指名で予約を取り、カットをお願いしに、ワンちゃんを連れてお店に行きました。
普段でしたら、ワンちゃんを渡して、待合室で本を読んで、終わったら声をかけていただき、仕上がりを見てOKであれば、それでカット終了になるのですが、その日はカットをしている途中で、呼び出されました。
カットをしていて「今までは無かったプツプツがあったので」と小さい赤い湿疹のような物ができている事を、教えてくれました。

カットを済ませ、すぐに動物病院へ行きましたが、医師から「よくこの段階で見つけたね」と誉められました。
一週間ほど薬を塗るだけで済みましたが、担当のトリマーさんが、カットだけではなくワンちゃんの皮膚の状態まで、ちゃんと見ていてくれたおかげと感謝しています。

Copyright (C)2017今まで出会ったトリマーに関するエピソード.All rights reserved.